毛髪へエールを送るミノキシジルとプロペシア!薄毛改善の応援団

毛髪へエールを送るミノキシジルとプロペシア!薄毛改善の応援団

髪の毛のことでお悩みの方

毛髪へエールを送るミノキシジルとプロペシア!薄毛改善の応援団

もう薄毛は治らないとは言わせない。そのわけとは??AGAで悩むすべての成人男性はもう心配ご無用?!

詳細を確認する

薄毛の原因を知る

男性は年齢を増すごとに薄毛の心配をしている方が増えますが、なぜ男性特有のハゲ方をするのでしょか?
男性にしかない脱毛症でAGAと呼ばれるものがあります。
はげている男性のほとんどはAGAなのです。
最近は、CMやインターネット広告などでAGAと言う言葉も認知が高くなってきました。
男性特有のハゲ方は前髪部分がM字今日にハゲテいき、頭頂部が丸くはげてしまうので。
そしてそのまま放置すると、進行してしまい、頭頂部と、額部分が合体してしまうのです。
はげている男性の中ではあきらめて、丸坊主にしてる方や色々工夫して、後頭部の髪の毛を前部分に持ってきて前髪を作ってる方もいらっしゃいますよく言われる、バーコードヘアーは側頭部の髪の毛を頭頂部に持ってきてる方もいます。
中には大変不自然なカツラを使用している方もいます。
ではなぜ、男性特有のハゲ方をしてしまうのでしょう??
それは大きくは男性ホルモンが原因だとされています。
男性ホルモンのテストステロンが、5a-還元酵素と呼ばれる酵素により、ジヒドロテストステロンに変換されていますのです。
このジヒドロテストステロンがだいぶ曲者で、髪の毛の乳頭細胞に結びついてしまう事で、髪の毛のサイクルを変換させてしまうのです。
ヘアサイクルは通常は数年で、数年かけて髪の毛は生え変わったり成長したりします。
長年かけて生え変わるのです。
それがAGAになってしまうと、数か月と言う短いサイクルになってしまい、髪の毛が成長しきれないまま抜けてしまったりするのです。
そのおかげで、だんだん細くコシのない髪の毛になり、最終的には全く生えてしまわなくなってしまうのです。
実は、このAGAですが、改善させることが可能なのです。
男性ホルモンを変換させてしまう原因の5a-還元酵素を阻害させることで、ジヒドロテストステロンに変換させなくするのです。
阻害してくれる治療薬を服用するだけで、徐々に症状を改善させることが可能です。
薄毛は男性にとって永遠のテーマです。
しかし、症状を改善させることは可能なのです。
進行しきってしまうと、中々難しいですが、早めに治療することで、改善もかのうとなっています。
病院なので、処方してくれますが自費となっていますので、保険証などは必要ありません。
悩んでる方は是非相談してみてください。